鳴尾浜臨海公園野球場

西宮市南部の臨海公園内にある野球場

鳴尾浜臨海公園は、西宮市の南東端に位置し、市街地に隣接する北地区6.5ha、臨海部における緑の拠点としての役割を担う南地区6.9ha、及びこの両地区を結ぶ延長約700mの緑道の中地区1.4haから構成されています。

野球場は、芝生広場や夜間利用も可能なテニスコートなどがある北地区に位置し、南側の道路を挟んで向かい側には、阪神タイガースのファーム本拠地の阪神鳴尾浜球場もある。

高校野球の春と秋の阪神地区大会で使用され、一般でも利用される。甲子園球場から近いこともあり、春と夏の高校野球開催時には、全国の代表校が練習をすることも多い。

公共交通機関の最寄り駅は、阪神甲子園駅。そこからバスで20分程かかる。

鳴尾浜臨海公園野球場データ

球場設備

【グラウンド規模】
両翼91.25m、センター120.0m
内野:黒土
外野:天然芝

【収容人員】
バックネット裏にスタンドあり

【スコアボード】
パネル式(スコア表示)

【ナイター設備】
6基

【その他設備】
場内放送設備ほか

利用料金

【球場使用料金】
平 日:6,000円/2時間
土日祝:7,400円/2時間

※市外にお住いの方は倍額

【照明使用料】
1,300円/15分

【利用時間】
12月~2月:9:00~19:00
3月~11月:7:00~21:00

問い合わせ先

【電話番号】
0798-43-0200

【Webサイト】
スポーツネットにしのみや

鳴尾浜球場へのアクセス

〒663-8142 西宮市鳴尾浜1丁目5番2

阪神「甲子園」駅からバス15分
阪神バス鳴尾浜行き乗車、県立総合体育館前下車
駐車場 60台(100円/30分、1日1,000円限度)



スポンサーリンク