明治神宮大会

地方大会チャンピオンが集まる秋の全国大会

現在では各地方の秋季大会の優勝校が出場する名実ともに秋の全国大会。要するに、兵庫県から出場するには、近畿大会で優勝しなければ出場することができない。甲子園に出場するより難しいと言える。現在、明治神宮大会優勝校が所属する地区には、翌年の選抜大会の選考に際し、1つ出場校が増える(神宮枠)。
1999年以前は、必ずしも優勝校が出場するといったわけではなく、大会スケジュールの消化が明治神宮大会に間に合わず、すでに敗退したチームも参加していた。

兵庫県からはこれまでのべ12校が出場している。優勝1回、準優勝は3回という実績。毎年出場枠があるわけではないにしても、現在最長で7年開いている最中。これは、秋季近畿大会で兵庫県代表校が7年間優勝から遠ざかっている証拠でもある。

兵庫県の歴代明治神宮大会出場校

※○数字は出場回数
太字は国体優勝校
2017年(平29)【48】
2016年(平28)【47】
2015年(平27)【46】
---------------------
2014年(平26)【45】
2013年(平25)【44】
2012年(平24)【43】
2011年(平23)【42】
2010年(平22)【41】
---------------------
2009年(平21)【40】神戸国際大附②
2008年(平20)【39】
2007年(平19)【38】東洋大姫路②
2006年(平18)【37】報徳学園②
2005年(平17)【36】
--------------------
2004年(平16)【35】神戸国際大附①
2003年(平15)【34】
2002年(平14)【33】
2001年(平13)【32】報徳学園①
2000年(平12)【31】
---------------------
1999年(平11)【30】育英①
1998年(平10)【29】
1997年(平 9)【28】
1996年(平 8)【27】
1995年(平 7)【26】
---------------------
1994年(平 6)【25】姫路工①
1993年(平 5)【24】
1992年(平 4)【23】
1991年(平 3)【22】
1990年(平 2)【21】
---------------------
1989年(平成元)【20】
1988年(昭63)【19】
1987年(昭62)【18】明石①
1986年(昭61)【17】
1985年(昭60)【16】
---------------------
1984年(昭59)【15】滝川①
1983年(昭58)【14】
1982年(昭57)【13】
1981年(昭56)【12】
1980年(昭55)【11】
---------------------
1979年(昭54)【10】東洋大姫路①
1978年(昭53)【 9】市神港①
1977年(昭52)【 8】
1976年(昭51)【 7】神戸村野工①
1975年(昭50)【 6】
1974年(昭49)【 5】
1973年(昭48)【 4】

兵庫県代表校の戦績

第40回 神戸国際大附

2009年(平成21年)
【1回戦】 神戸国際大附●1-2今治西(愛媛)

第38回 東洋大姫路

2007年(平成19年)
【準々決勝】東洋大姫路●3-7常葉菊川(静岡)

第37回 報徳学園

2006年(平成18年)
【決 勝】 報徳学園●5-10高知(高知)
【準決勝】 報徳学園○9-4千葉経大付(千葉)
【準々決勝】報徳学園○10-2仙台育英(宮城) ※8回コールド

第35回 神戸国際大附

2004年(平成16年)
【準決勝】 神戸国際大附●3-7柳ヶ浦(大分)
【準々決勝】神戸国際大附○4-2修徳(東京)

第32回 報徳学園

2001年(平成13年)
【決 勝】 報徳学園◎10-1関西(岡山)
【準決勝】 報徳学園○11-6中京大中京(愛知)
【準々決勝】報徳学園○7-0秋田経法大付(秋田) ※8回コールド

第30回 育英

1999年(平成11年)
【1回戦】 育英●5-12福島商(福島) ※7回コールド

第25回 姫路工

1994年(平成6年)
【準々決勝】姫路工●6-7波崎柳川(茨城)

第18回 明石

1987年(昭和62年)
【決 勝】 明石●2-3堀越(東京)
【準決勝】 明石○6-3福井商(福井)
【準々決勝】明石○11-4函館有斗(北海道)

第15回 滝川

1984年(昭和59年)
【1回戦】 滝川●0-1国学院久我山(東京)

第10回 東洋大姫路

1979年(昭和54年)
【準々決勝】東洋大姫路●0-5鳴門(徳島)

第9回 市神港

1978年(昭和53年)
【決 勝】 市神港●2-12柳川商(福岡)
【準決勝】 市神港○3-1倉敷商(岡山)
【準々決勝】市神港○1-0岐阜西工(岐阜)
【1回戦】 市神港○4-0福井商(福井)

第7回 神戸村野工

1976年(昭和51年)
【準々決勝】神戸村野工●5-9大田(島根)

まとめ

アマチュア野球界で1年を締めくくる最後の大きな大会。これが終わってしまえば、野球はオフシーズンに突入する。高校野球の中では、同じ全国大会でも甲子園に比べれば、注目度は遙かに劣る。しかし、明治神宮大会に出場する高校は、翌年のセンバツへの出場がほぼ確実。一冬越す前だが、センバツの前哨戦でもある

スポンサーリンク