【明石】甲子園での成績と全戦績

明石市にある1923年創立の県立高校。「明高(めいこう)」と呼ばれている。
戦前には、センバツ5年連続出場そのうち2年連続準優勝、1932年春から5季連続出場という実績や、中京商との延長25回の戦いという伝説を残す古豪。甲子園からは、1987年の春夏連続出場以降遠ざかっている。

明石の甲子園成績

【通算】14回 21勝14敗 .667

センバツ

出場8回 12勝8敗 準優勝 2回

選手権大会

出場6回 9勝6敗 ベスト4 2回

明石の甲子園全戦績

1987年(昭和62年) 第69回選手権大会

【1回戦】 明石 ●1-6 帝京(東東京)

1987年(昭和62年) 第59回センバツ

【2回戦】 明石 ●3-8 池田(徳島)
【1回戦】 明石 ○4-0 常総学院(茨城)

1984年(昭和59年) 第66回選手権大会

【2回戦】 明石 ●1-9 PL学園(大阪)
【1回戦】 明石 ○5-3 北海(北海道) ※延長11回

1960年(昭和35年) 第42回選手権大会

【準々決勝】明石 ●2-5 鹿島(佐賀)
【2回戦】 明石 ○3-1 戸畑(福岡)
【1回戦】 明石 ○4-0 大淀(宮崎)

1950年(昭和25年) 第32回選手権大会

【1回戦】 明石 ●2-4 鳴門(徳島)

1947年(昭和22年) 第19回センバツ

【1回戦】 明石中 ●6-11 徳島商(徳島)

1938年(昭和13年) 第15回センバツ

【準々決勝】明石中 ●0-4 海南中(和歌山)
【2回戦】 明石中 ○8-3 北海中(北海道)

1934年(昭和9年) 第11回センバツ

【準々決勝】明石中 ●3-6 東邦商(愛知)
【2回戦】 明石中 ○2-1 京都商(京都)

1933年(昭和8年) 第19回選手権大会

【準決勝】 明石中 ●0-1x 中京商(愛知) ※延長25回
【準々決勝】明石中 ○4-0 横浜商(神奈川)
【2回戦】 明石中 ○10-0 水戸商(茨城)
【1回戦】 明石中 ○6-0 慶応商工(東京)

1933年(昭和8年) 第10回センバツ

【決 勝】 明石中 ●0-1 岐阜商(岐阜)
【準決勝】 明石中 ○1-0 中京商(愛知)
【準々決勝】明石中 ○2-1 京都商(京都)
【2回戦】 明石中 ○4-0 浪華商(大阪)
【1回戦】 明石中 ○1-0 平安中(京都)

1932年(昭和7年) 第18回選手権大会

【準決勝】 明石中 ●0-3 松山商(愛媛)
【準々決勝】明石中 ○3-0 八尾中(大阪)
【2回戦】 明石中 ○1-0 大正中(広島)
【1回戦】 明石中 ○4-0 北海中(北海道)

1932年(昭和7年) 第9回センバツ

【決 勝】 明石中 ●0-1 松山商(愛媛)
【準決勝】 明石中 ○4-2 和歌山中(和歌山)
【準々決勝】明石中 ○1-0 京都師範(京都)
【2回戦】 明石中 ○16-1 小倉工(福岡)
【1回戦】 明石中 ○3-0 広陵中(広島)

1931年(昭和6年) 第8回センバツ

【2回戦】 明石中 ●4-5x 第一神港商(兵庫)

1930年(昭和5年) 第7回センバツ

【準々決勝】明石中 ●0-10 松山商(愛媛)
【1回戦】 明石中 ○12-0 敦賀商(福井)

スポンサーリンク