国体

夏の甲子園出場校から12校が出場

毎年秋に行われる国民体育大会。高校野球は公開競技として実施される。夏の甲子園のベスト8に進出した8校と3回戦敗退の3校と開催県代表校の経12校が出場する。つまり、国体に出場するためには、夏の甲子園で最低でも3回戦に進出しなければならないということになる。直近の兵庫県開催は2006年。早実vs駒大苫小牧の決勝戦延長15回引き分け再試合の年。その国体でも決勝戦は同じカードとなり、“ハンカチブーム”で高砂球場史上の観客動員を記録した。

兵庫県からはこれまでのべ28校が出場している。優勝1回、準優勝は6回という実績。毎年選出されるわけではないにしても、現在最長で6年開いている。これは、兵庫県代表校が夏の甲子園で6年間ベスト8に入っていない証拠と言ってもいい。

兵庫県の歴代国体出場校

※○数字は出場回数
太字は国体優勝校
       <開催地>
平29【72】 愛媛
平28【71】 岩手
---------------------
平27【70】 和歌山
平26【69】 長崎
平25【68】 東京
平24【67】 岐阜
平23【66】 山口    東洋大姫路⑤
---------------------
平22【65】 千葉    報徳学園⑨
平21【64】 新潟
平20【63】 大分    報徳学園⑧
平19【62】 秋田
平18【61】 兵庫    東洋大姫路④
---------------------
平17【60】 岡山
平16【59】 埼玉
平15【58】 静岡
平14【57】 高知
平13【56】 宮城
---------------------
平12【55】 富山    育英②
平11【54】 熊本    滝川二①
平10【53】 神奈川
平 9【52】 大阪
平 8【51】 広島
---------------------
平 7【50】 福島
平 6【49】 愛知
平 5【48】 香川    育英①
平 4【47】 山形    神港学園①
平 3【46】 石川
---------------------
平 2【45】 福岡
平成元【44】 北海道   神戸弘陵①
昭63【43】 京都
昭62【42】 沖縄
昭61【41】 山梨    東洋大姫路③
---------------------
昭60【40】 鳥取
昭59【39】 奈良
昭58【38】 群馬    市尼崎
昭57【37】 島根    東洋大姫路②
昭56【36】 滋賀    報徳学園⑦
---------------------
昭55【35】 栃木
昭54【34】 宮崎
昭53【33】 長野    報徳学園⑥
昭52【32】 青森    東洋大姫路①
昭51【31】 佐賀
---------------------
昭50【30】 三重
昭49【29】 茨城
昭48【28】 千葉
昭48【28】 沖縄
昭47【27】 鹿児島
昭46【26】 和歌山   報徳学園⑤
---------------------
昭45【25】 岩手    滝川①
昭44【24】 長崎
昭43【23】 福井
昭42【22】 埼玉    報徳学園④
昭41【21】 大分    報徳学園③
---------------------
昭40【20】 岐阜    報徳学園②
昭39【19】 新潟    市西宮①
昭38【18】 山口
昭37【17】 岡山
昭36【16】 秋田    報徳学園①
---------------------
昭35【15】 熊本    明石①
昭34【14】 東京
昭33【13】 富山
昭32【12】 静岡
昭31【11】 兵庫    県尼崎①
---------------------
昭30【10】 神奈川
昭29【 9】 北海道
昭28【 8】 四国    芦屋④
昭27【 7】 宮城    芦屋③
昭26【 6】 広島    芦屋①
---------------------
昭25【 5】 愛知
昭24【 4】 東京
昭23【 3】 福岡    芦屋①
昭22【 2】 石川
昭21【 1】 大阪

兵庫県代表校の戦績

第66回 東洋大姫路

2011年 山口国体
【1回戦】 東洋大姫路●2-3徳島商(徳島)

第65回 報徳学園

2010年 千葉国体
【1回戦】 報徳学園●1-7関東一(東京)

第63回 報徳学園

2008年 大分国体
【準々決勝】台風のため中止
【1回戦】 報徳学園○6-4駒大岩見沢(北海道)

第61回 東洋大姫路

2006年 兵庫国体
【準決勝】 東洋大姫路●1-3駒大苫小牧(北海道)
【準々決勝】東洋大姫路○6-5帝京(東京)

第55回 育英

2000年 富山国体
【1回戦】 育英●2-6光星学院(青森)

第54回 滝川二

1999年 熊本国体
【決 勝】 滝川二●1-7智辯和歌山(和歌山)
【準決勝】 滝川二○6-5柏陵(千葉)
【準々決勝】滝川二○19-15九州学院(熊本)

第48回 育英

1993年 香川国体
【準々決勝】育英●1-2東海大四(北海道)

第47回 神港学園

1992年 山形国体
【準々決勝】育英●1-2日大山形(山形)

第44回 神港学園

1989年 北海道国体
【1回戦】 神戸弘陵●0-1海星(三重)

第41回 東洋大姫路

1986年 山梨国体
【決 勝】 東洋大姫路●1-3鹿児島商(鹿児島)
【準決勝】 東洋大姫路○10-2東海大甲府(山梨)
【準々決勝】東洋大姫路○5-1佐伯鶴城(大分)
【1回戦】 東洋大姫路○3-0秋田工(秋田)

第38回 市尼崎

1983年 群馬国体
【準々決勝】市尼崎●1-2宇都宮南(栃木)

第37回 東洋大姫路

1982年 島根国体
【準々決勝】東洋大姫路●2-4益田(島根)

第36回 報徳学園

1981年 滋賀国体
【1回戦】 報徳学園●2-3岡谷工(長野)

第33回 報徳学園

1978年 長野国体
【決 勝】 報徳学園◎3-2中京(愛知)
【準決勝】 報徳学園○6-1PL学園(大阪)
【準々決勝】報徳学園○2-1県岐阜商(岐阜)
【1回戦】 報徳学園○8-0旭川龍谷(北海道)

第32回 東洋大姫路

1977年 青森国体
【決 勝】 東洋大姫路●2-5早稲田実(東京)
【準決勝】 東洋大姫路○2-1今治西(愛媛)
【準々決勝】東洋大姫路○6-1三沢(青森)
【1回戦】 東洋大姫路○1-0福井商(福井)

第26回 報徳学園

1971年 和歌山国体
【決 勝】 報徳学園●3-5岡山東商(岡山)
【準決勝】 報徳学園○9-0郡山(奈良)
【準々決勝】報徳学園○6-0県岐阜商(岐阜)
【1回戦】 報徳学園○9-4静岡学園(静岡)

第25回 滝川

1970年 岩手国体
【1回戦】 滝川●4-8銚子商(千葉)

第22回 報徳学園

1967年 埼玉国体
【準々決勝】報徳学園●4-5今治西(愛媛)
【1回戦】 報徳学園○4-2習志野(千葉)

第21回 報徳学園

1966年 大分国体
【準々決勝】報徳学園●1-4岡山東商(岡山)
【1回戦】 報徳学園○9-3横浜一商(神奈川)

第20回 報徳学園

1965年 岐阜国体
【準々決勝】報徳学園●1-3三池工(福岡)
【1回戦】 報徳学園○5-4秋田(秋田)

第19回 市西宮

1964年 新潟国体
【準々決勝】市西宮●0-1高松商(香川)

第16回 報徳学園

1961年 秋田国体
【決 勝】 報徳学園●1-6中京商(愛知)
【準決勝】 報徳学園○1-0岐阜商(岐阜)
【準々決勝】報徳学園○7-1浪商(大阪)
【1回戦】 報徳学園○9-1福岡(岩手)

第15回 明石

1960年 熊本国体
【1回戦】 明石●1-6北海(北海道)

第11回 県尼崎

1956年 兵庫国体
【1回戦】 明石●1-2仙台二(宮城)

第8回 芦屋

1953年 四国国体
【準々決勝】芦屋●1-4浪華商(大阪)
【1回戦】 芦屋○3-0土佐(高知)

第7回 芦屋

1952年 宮城国体
【決 勝】 芦屋●0-4盛岡商(岩手)
【準決勝】 芦屋○5-1気仙沼(宮城)
【準々決勝】芦屋○4-1函館西(北海道)
【1回戦】 芦屋○6-0宮城工(宮城)

第6回 芦屋

1951年 広島国体
【決 勝】 芦屋●0-1広島観音(広島)
【準決勝】 芦屋○6-1都島工(大阪)
【準々決勝】芦屋○1-0尾道西(広島)

第3回 芦屋

1948年 福岡国体
【準決勝】 芦屋●0-1西京商(京都)
【準々決勝】芦屋○7-1伝習館(福岡)
【1回戦】 芦屋○6-2丸亀(香川)

高校野球最後の思い出

国体開催時期は、3年生は引退後であり、チームも新チームに移行しており秋季大会の真っ最中でもある。今まであまり試合に出られなかった3年生が、高校野球最後の思い出として出場することも多く、大味な試合になることも多いが、心から野球を楽しんでいる姿が印象的な大会でもある。

スポンサーリンク